トリップAIコンシェルジュ

お料理 Meal

新鮮な北陸の幸を贅沢に

当館オススメの劇場型ビュッフェでは、旬の地元食材や海鮮をオープンキッチンで調理し、出来たて作りたての料理を提供いたします。
また、四季折々の食材を使用した会席料理や、贅を尽くしたワンランク上の特撰懐石などゆったりと上質なひとときをお過ごしいただけるコースもございます。

匠の技で活かす四季の旬食材 会席料理

北陸・日本海の産直鮮魚や広大な福井平野で育った地元野菜など
厳選した四季折々の地元素材をご用意しております。

北陸・日本海の産直鮮魚や広大な福井平野で育った地元野菜など
厳選した四季折々の地元素材をご用意しております。

厳選された食材 Point

当館最高ランク 十三の風会席 TOMI-NO-KAZE

露天・半露天風呂付客室「十三の風」、「蘆庵」にご宿泊いただいた方限定のお食事
  • 十三の風会席
  • 十三の風会席
  • 十三の風会席
  • 十三の風会席
  • 十三の風会席
  • 十三の風会席
  • 十三の風会席
  • 十三の風会席
  • 十三の風会席
  • 十三の風会席
先 付
鰻焼霜と水蛸 素麺南瓜の生姜ジュレ
シャインマスカット じゅんさい 花穂 〜蓮の葉仕立て〜
楽 盛
福井名水サーモン粽寿司・鰻の子と夏野菜ゼリー寄せ
雲丹とうすい豆のコンソメシート
無花果と生湯葉の胡桃味噌 スナップエンドウ
〜旬の取肴〜
とうもろこしの双身寄せ・蟹アボガド椎茸の和風春巻き・
枝豆揚げ万寿・清風厚焼き・明太西瓜・吉兆海老・楓松葉
小茶碗
フォアグラ茶碗蒸し 鰻の蒲焼き 銀あん 木ノ芽
割 鮮
朝どれ地魚 福井名水サーモン 中とろ 鱚炙り 甘海老 妻一式
温 物
福井吉川茄子 豚角西京煮 蓮餅
ヤングコーン 青梗菜 糸目柚子
焼 肴
若鮎の石庭盛り 冷製トマトすり流し 海月 三ツ葉
洋 菜
若狭牛ロースト香草焼き あわら夏野菜のバイエルディー
トリュフ塩 香草塩 かにからトマト味噌
食 事
新生姜と油揚げの炊き込み御飯
留 椀
赤味噌仕立て
香の物
三種盛
水菓子
女将の酒かすクリームチーズババロア 若葉ふぶき葛切り
あわら産マルセイユメロン パッションフルーツ
〜あわら瑞香園ブルーベリーのアイスクリーム〜
※仕入れ状況により内容が変更になる場合がございます

十三の風会席 四季の献立一覧 Season

  • 春 Spring
  • 夏 Summer
  • 秋 Autumn
  • 冬 Winter
  • 先付
    先付
    貝寄せは、春の定番料理ですが、少しフランス料理っぽくサラダ風に盛り付け、いちご入りのピンクの酢みそで食べていただく仕立てです。 色あいがとても春らしく、かわいい蝶々も飛んでいます。
  • 楽盛
    楽盛
    「桜、桜、野山も里もみわたすかぎり 霞か雲か朝陽に匂う 桜、桜、花かざり」 そんな桜の歌に寄り添うようにして並んだ取肴がいかにも愛らしい。
  • 小茶碗
    小茶碗
    桜色に染めた道明寺粉で甘鯛を包み桜もちのように蒸し上げました。 茶碗蒸しの玉〆にして、春のうすい豆に生クリームを入れてポタージュに。 自家製の唐墨とキャビアを彩り桜花を添えました。
  • 割鮮
    割鮮
    春の海からは産卵を前に栄養を蓄えた平貝を主役に。 貝殻を器に見立て、朝どれの地魚を盛り込みました。 福井小浜の雲丹醤と地醤油でご賞味ください。
  • 温物
    温物
    春の至宝、駿河湾の桜海老。 旬の筍に和牛ほほ肉やわらか煮と湯葉飛龍頭。旨みたっぷりのあんを掛け、仕上げには桜海老の唐揚げで香ばしくまとめました。
  • 進肴
    進肴
    「宝袋」。桜鱒に福地鶏の半熟玉子と車海老を合わせ、ふきのとうのクリームソースで包み焼きにしました。 開けたときの芳醇な香りをお楽しみください。
  • 洋菜
    洋菜
    若狭牛「A5」ランクの炙り焼き。 副菜にはクリーミーなポテサラにアスパラや山菜の天ぷらなど春の味をトッピング。ソースは一度食べたらやみつきになる「食べる辣油」を彩りました。
  • 食事
    食事
    恵比寿笹の上にセルクルを置いてちらし寿司をふんわりと丸く型どり、錦糸玉子を盛って鰻や海老、いくらなど彩りのよい具を乗せて、笹の上に盛りました。 緑の笹に黄色や赤色の具が見えて、春らしい楽しい色あいの一品です。
  • 水菓子
    水菓子
    当館オリジナル「酒粕とクリームチーズババロア」~女将に恋して~。 大高酵素のオリジナルアイスクリームと旬の果物を共にお召し上がりください。
  • 先付
    先付
    鱧の焼霜、蛸の身の白、糸瓜の黄色、 マスカットの緑さわやかな色彩が冴えわたる一品。 マスカットの甘酸っぱさと生姜ジュレが旬の美味を包み込みます。
  • 楽盛
    楽盛
    夏の楽盛の定番「粽寿司」。清涼感のある笹の香りが鼻を抜ける美味しい お寿司を福井名水サーモンで仕上げました。旬を盛り込んだ取肴も合わせてお楽しみください。
  • 小茶碗
    小茶碗
    世界三大珍味として有名な「フォアグラ」。贅沢に福井の地卵と合わせ濃厚な ロワイヤルを蒸し上げました。国産鰻を蒲焼きにしたものに花鰹香る銀あんで包み込んだ一品です。
  • 割鮮
    割鮮
    銀彩の器に氷を敷き詰めて、その日最高の魚介を集めて、いろいろな味でお召し上がりいただきます。 福井小浜「濱乃、雲丹醤」は素材の旨みが凝縮された贅沢なお醤油です。
  • 温物
    温物
    福井の伝統野菜「吉川ナス」。皮が薄く、よく締まった肉質で煮崩れしにくいのが特徴です。 黒豚の西京煮は、白味噌と醤油をベースとした芳しい香りの一品。
  • 焼肴
    焼肴
    鮎の季節は、黒い漆板に滝と清流を塩で描く。盛られた鮎が川を上り、流れる滝の波しぶきが霧のように描かれ、風情ある趣。 総料理長がかつて修業した地は京都。川床も連想させて風流を感じ味わいください。
  • 洋菜
    洋菜
    若狭牛~A5ランク~の炙り焼き。総料理長オリジナルの「かにからトマト味噌」のソースとトリュフ塩。 添え野菜にはあわらの夏野菜を南フランスのバイエルディー風に盛りつけました。
  • 水菓子
    水菓子
    あわら産赤肉メロン「マルセイユ」とあわら瑞香園のブルーベリーで作ったブルーベリーアイス。
    地産地消「AWARA LOVE」の思いあふれるスイーツをお楽しみください。
  • 先付
    先付
    旬を迎える「秋魳と柿」。豆腐とクリームチーズで白和えのソースに仕立て、重陽の節句で菊の花びらを飾りました。
  • 楽盛
    楽盛
    日本料理の伝統を重んじながら、現代的な趣向を取り入れた楽盛の取肴。五感を通して心を遊ばせてくれます。
  • 椀替り
    椀替り
    お料理もそろそろ夏から秋へと主役が交代時期をむかえております。「名残の鱧と、走りの松茸」。季節の移り変わりを土瓶蒸しでお楽しみください。
  • 割鮮
    割鮮
    福井ブランド「若狭まはた」とその日の近海の最高の魚介を盛り込みました。戻り鰹の炙りは福井の梅おろし、揚げ大葉、生山葵を添えたにぎりでどうぞ。
  • 和菜
    和菜
    牛一頭から僅か数キロしか取れない希少なホホ肉を、ほろりと口の中でトロけるほどの柔らかさになるまで丁寧に煮込みました。旬の冬瓜と蓮餅を合わせ白味噌の餡で包みこみました。
  • 中皿
    中皿
    「Japanese cuisine」。まさにぴったりの一皿です。あわら産の焼き無花果に栗のポタージュ。すずきの魚をパートブリックで包みラタトゥイユとバルサミコソースで。
  • 洋菜
    洋菜
    若狭牛リブロース~A5ランク~を低温でしっかり調理し、割り下の出汁で~寿喜家喜~に仕立てました。付け合わせには福地鶏卵の温卵味噌漬と松茸です。
  • 食事
    食事
    「あわら温泉女将の会 おかみのまろやかへしこ」 純米吟醸酒「女将」の酒粕を使ったへしこのぶぶ漬けです。総料理長「至高の出汁」をかけた極上の一品です。
  • 水菓子
    水菓子
    あわら山元梨園の梨~赤ワインコンポート~に清風荘オリジナルのデザート「酒粕クリームチーズババロア~女将に恋して~」。 旬のシャインマスカットにピュアミルクアイスを盛り込んだスイーツです。
  • 先付
    先付
    あわら市「グリーンファーム角屋」さんの 蓮根を使用した一品。シャキッとした歯触りともっちりした食感。葛と胡麻で練り上げ豆腐に仕上げ鮑旨煮と子持ち昆布を添えました。福井の梅で作ったジュレでお召し上がりください。
  • 楽盛
    楽盛
    コース料理の中で特に視覚を刺激する料理です。聴覚・味覚・嗅覚・触覚に特化した他の料理との組み合わせや献立全体の起承転結も考えられた取肴になっております。
  • 小茶碗
    小茶碗
    白子と相性抜群な茶碗蒸し。地元の生青海苔を出汁と合わせあんかけに。アクセントに黒七味をふりかけ、熱々の小茶碗に仕立てました。
  • 割鮮
    割鮮
    福井県の高級ブランド「若狭まはた」と北陸日本海の「寒ぶり」を炙りにしてお寿司に仕立てました。清風荘オリジナル「白泡醤油」と季節の花を添えてお楽しみください。
  • 蓋物
    蓋物
    海老芋。ねっとりとした食感と粘りが強く、肉質のキメが細かく旨みがあります。蒸してつぶした芋におかきをまぶし饅頭をつくりおかき揚げに。11月に解禁を迎える「蟹」をふんだんに使ったあんかけです。
  • 洋菜
    洋菜
    フレンチレストランや特別な日に食べることが多い「オマール海老」。新じゃがソースにラタトゥイユを添えてソテーにいたしました。サワークリームと花を彩り、パートブリックの巣篭り仕立てでどうぞ。
  • 強肴
    強肴
    若狭牛「A5」リブロース炙り焼き。希少なお肉に合わせるのは朝どれの「あわら野菜の窯焼き」とバルサミコソースに午蒡の泡でどうぞお楽しみください。
  • 食事
    食事
    勢子蟹。一年で2か月だけの贅沢!卵の味がまた格別で一度食べると忘れられず、かにの好きな方はリピート必至な至極の一品です。釜飯の蓋をあけるとかにの香りが広がり食欲をそそられます。
  • 水菓子
    水菓子
    「水ようかん」は福井の食文化を支える代表的な街の風物詩。あわら産富津金時のアイスクリームに女将の酒粕クリームチーズババロアと苺、りんごのコンポートを添えて。

一般会席 Other

該当プランをご予約いただくと… 予約合計金額の5%割引!
© Seifuso All Right Reserved