雪国の奇祭 勝山左義長

雪国の奇祭 勝山左義長
今回は、
今月、2月42・25日に行われます
奇祭 勝山左義長をご紹介

勝山市の「左義長」は小笠原公入部以来
300年以上の歴史を誇っており、
毎年小正月の行事として、
旧暦の1月14日に行なわれていました。

現在は、観光客や祭り主催者の利便を考慮して、
2月の最終土曜、日曜に開催しています。

勝山市街地の各町内に12基の櫓を建て、
その上で赤い長襦袢姿の大人たちが子供を交え、
独特のおどけ仕草で三味線、笛、鉦による
軽快なテンポの囃子にのって浮かれます。

この様は全国で
「勝山左義長」だけの特徴であり、
人々はこれを奇祭と呼んでいます。

日曜日の夕方になると、
各町内の御神体が弁天桜で有名な
弁天河原に運び込まれ、「ドンド焼き」の
準備が進みます。

午後8時30分、
神明神社で採火した御神火が各区の松明によって、
弁天河原のドンド焼き会場に運ばれ
9時の狼煙を合図に一斉に点火され、
冬空美しく雪に映えて燃え盛る
炎の競演とともに祭りのフィナーレを迎えます。

この「ドンド焼き」で神を送り、
五穀豊穣と鎮火を祈願しながら
2日間にわたる火祭りの行事が全て終了します。

「勝山左義長まつり」は、
奥越地方に春を呼ぶ祭りと言われ、
これを境に勝山に春の足音が聞こえてきます。

2018年2月18日イベント・新着情報